Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

https://xn--r8ja4gw59vrlbe8ey43d.com

花梅の植え替えと育て方や追肥、水やりなどの栽培管理の方法

更新日:

基本情報

  • 科目:バラ科アンズ屬 サクラ屬
  • 原産地:中国
  • 種類・樹高:高木5m~10m
  • 植え替え時期:12月~翌年2月ごろ
  • 適正土壌Ph値:5.0~5.8
  • 水やり:乾いたらたっぷり
  • 置き場:日向
  • 開花:1月~3月
  • 花の色:赤・白・桃・混色など
  • 耐暑性:強い
  • 耐寒性:強い
  • 剪定時期:花後すぐの2月~3月ごろ・ 6月~7月 ・11月~12月
  • 栽培難易度:☆☆

栽培の特徴

花梅は、日本で古くから園芸品種とし親しまれてきた人気の庭木で江戸時代から盛んに品種改良されて、たくさんの園芸品種が現在栽培されています。

適正土壌酸度の値も日本の土地に適応した弱酸性で、耐寒性、耐暑性ともに強靭で、日本の風土に完全にマッチした育てやすい植物です。

樹勢が強く枝が真上に伸びていきます。放任しているとあっとゆうまに枝が伸びていきます。剪定には強いので、枝の様子を観察してこまめにお手入れしてやると、年明けいちばんの正月から毎年きれいな花を咲かせます。また、盆栽として鉢植えで小さく育てるのにも向いています。

鉢などで栽培する場合は、夏場の水きれには十分注しなければなりません。

花梅の育て方

栽培カレンダー



栽培環境・日当たり・鉢の置き場所

日向を好みます。鉢植えの場合、夏場根元に日差しが一日中降り注ぐ環境では、

土が乾いたり、株が弱ってしまいますので気を付けてください。

庭植の植え付け場所

庭植の場合、できるだけ日当たりのいい場所に植えつけましょう。

半日陰でも育ちますが、花付きがよくありません。日陰では生育しにくいので植え付け場所には注意が必要です。

鉢植えの置き場

鉢植えの場合もできるだけ日の当たるところにおいてあげるのが理想ですが、

耐暑性は十分ありますが、真夏の水切れには十分気を付けなくてはいけません。

耐寒性もあり冬場、霜が降りたり、雪が積もっても大丈夫です。が

鉢植えで動かせる場合は、念のために雪の日は軒下などに移動しておきましょう。

植え付け適期

植え付け適期は開花期を除く12月から翌年3月上旬までの間の期間です。

用土の適正土壌酸度など

土壌酸度は、弱酸性の土壌を好みます。水はけ、通気性のいい適度に湿度を保つ、有機質を多く含む土質を好みます。

水やり

水やりの頻度については、鉢植えや地植えなどの環境の違いによって異なります。どちらも水きれには注意が必要です。

鉢植え

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。成長期の水きれには注意が必要です。

庭植の場合

基本的には必要ありませんが、

植え付けてすぐでまだ根が十分に育っていない時期や、雨が降らない日が続いたときは水やりが必要です。

成長が進み、完全に根が育ってきたっら、よっぽどでない限り水やりする必要はありません。

剪定などの作業

伸びた枝の剪定の時期は3月~6月と落葉後の秋です。夏に花が咲いた後に枯れた花がらを取ります。

花が枯れた後の作業

花後に仕立て直しとして強剪定してもかまいません。

花後に梅の実が実ります。結局、この時期剪定はしない事が多いです。

花がらもそのまま奉仕しておきます。

このまま置いておくと、下の写真のような実がなります。

枝の剪定作業

花後の剪定

花がらを摘み取る作業を兼ねて、3月下旬~5月ごろ枝の剪定を行います。

夏場の7月~8月ごろには来年の花芽が分化されますので、

梅の剪定は、花芽が形成されてから行います。

花芽が形成されていない内に強く切り詰めてしますと、そそ後出てくる枝からは花芽ではなく

葉の芽しか形成されませんので、来年花の少ない梅になってしまします。

秋の剪定

10月~冬場の落葉時期に剪定すると、樹形もわかりやすくて、剪定しやすいと思います。

この時期は、あまり強く刈り込むのはお勧めできません。

剪定は最低限にしておきましょう。

追肥

肥料は元肥の他に

花後の3月~4月ごろに1回と

12月ごろに暖効性肥料の油粕か、1月に即効性の化成肥料

寒肥を1回施し

年間で合計2回与えます。

花梅の植え替え

植え替えの時期

植え替え適期は早春の3月下旬から4月中旬までの休眠から目覚めるころです。



 

植え替えの用土

土壌酸度は、弱酸性の土壌を好みます。水はけ、通気性のいい適度に湿度を保つ、有機質を多く含む土質を好みます。

鉢植えの用土

鉢植えの場合は、

市販の培養土を用いるか、配合する場合は

基本配合として、

赤玉土(中粒)6

腐葉土4

の割合で用土を配合して植え付けます。

植え付けの際は、鉢底に鉢底石をして、植え替えます。

元肥

同時に元肥としてマガンプK(マグァンプK)などの暖効肥料などを入れておきます

マガンプkは優れた肥料で、暖効性で水やりなどで溶けて流れることのないように、

極力水に溶けずに、根に触れても根焼けしにくく、長く効果が持続するように作られています。

肥料切れの心配を解消してくれる優れものです。

鶏糞などアルカリ性の強い肥料を混ぜると土壌がアルカリ性ななる場合がありますので注意が必要です。

鉢植えの植え替え頻度

植え替えの際は

鉢植えは2年から3年毎に一度、

植え付け時と同じ要領で、一回り大きな鉢に植え替えてください。

庭植の用土と植え付け方法

庭植する際は

根鉢の倍の大きさの植穴を開けて

あらかじめ腐葉土などを混ぜて深植えにならないように植え付けます。

深植えしてしまうと根が呼吸できなくなったり、

根腐れの原因にもなる場合がありますので、注意が必要です。

地上では見えませんが、成長した根は直径2cmから3cmくらいにまで太く、強靭な根が広がります。植え替えの時は注意が必要です。

堆肥を施す際は、若干深めに植穴を開けて、そこにバーク堆肥を入れておくと、土に微生物が繁殖しやすくなり

植物にとって栄養のある肥えた土を作ります。

株間

複数の株を植え付けるときは

大きく成長することを考慮して、十分な株間をとりましょう。

(梅は大変大きく成長する樹木です、通常庭に植える場合は単独で植えることが多いと思います。)

元肥

こちらも植え込み時に

バーク堆肥や油粕、

元肥としてマグアンプKなどを混ぜ込んでおくと安心です。

庭植の場合は大粒のマガンプKがおすすめです。

増やし方

梅は挿し木と種まきで増やすことができます。

挿し木

挿し木の適期は5月から6月ごろで、

その年に出てきた新芽が青いうちに摘み取ります

挿し木の用土は赤玉土などの単用でOKで、

挿し木した後はしばらくは日陰で管理します。

詳しい挿し木の仕方はこちらに記載しています。

種播き

種播き適期は11月ごろです。

冬越の方法(冬季管理方法)

耐寒性には優れれており、庭植の場合は落葉して積雪にも耐えて自然に冬越しします。鉢植えでも同じです。簡単に冬越しさせることができます。

病害虫

耐暑性、耐寒性ともに優れ、大変育てやすい植物です。







-バラ科, 中高木, 庭木, 果実樹,

Copyright© My☆週末園芸館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.